建設業特化のファクタリング(売掛金買取)サービス会社5選:特徴、手数料などを徹底解説

ファクタリング・比較

昨今は売掛金買取業務であるファクタリングという言葉も耳にする機会が多くなったのではないだろうか。特に、建設業は工事を受注してから建築物を完成させるまでの期間が長期に渡るケースが多く、受注した工事の売上代金は完成後に支払われることになるため、その間は売掛金を抱えることになり、回収までの期間における資金繰りが悪化しやすい。

そこで今回は、特に建設業界に特化、あるいは建設業界において実績のあるファクタリングサービスを提供している会社をご紹介したい。

ファクタリング会社の比較ポイント

多数のファクタリング会社がある中で、ここではファクタリング会社を選ぶにあたって、いくつか参考になる観点をお伝えしたい。

手数料

手数料率の決定要因として、例えば売掛先の信用力やファクタリングの方式が2社間か3社間か、買取債権の金額の多寡などいくつかあるが、
一般的には、ファクタリング方式が2社間の場合は、平均10.0~20.0%程3社間の場合は平均1.0%~9.0%程だ。

ただ、企業によってもこの手数料率にはかなりの開きがあるので、それぞれのサービス内容と合わせて考えたい。

ファクタリング方式

先ほど少しお伝えしたように、ファクタリングには大きく分けて2社間方式と3社間方式がある。2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社は、取引先が倒産した場合のリスクを負うため、先ほど示したように3社間方式と比べると手数料が高くなる。

一方3社間ファクタリングの場合、売掛先(取引先)が同意の上でファクタリングが行われ、ファクタリング会社が直接、買取債権(売掛金)を回収することが出来るため、貸し倒れのリスクが2社間よりも低いということから、手数料は2社間方式よりも低いという特徴がある。

ただ、取引先にファクタリングを知られたくないという会社も多く、その場合には構造上、2社間ファクタリングを選ぶことになる。

契約方法

契約方法については、従来からある対面や郵送の他に、最近ではオンラインで完結するサービスを提供している会社も多く出てきている。これに関しては、利用したいファクタリング会社を事前に確認し、自身が望んでいる方法が可能かどうかのチェックが必要だ。

ファクタリングサービス会社5選

それでは今回の本題である、建設業に特化あるいは建設業での実績が豊富なファクタリングサービスを提供している会社、5社をそれぞれ紹介していく。

株式会社ウィット

特徴

・業界内でも数少ない建設業様向けで非対面契約に特化
・個人、法人問わず、日本全国の地域で利用が可能
・2社間取引で、売掛先にファクタリングした事を知られずに契約が可能

費用

手数料が5%〜だが、具体的な手数料は会社ごとの状況によって変わるため、審査の内容によってその都度決定される仕組み。

会社概要

企業名:株式会社ウィット
代表者:佐野 俊亮
設立年数:2016年11月
資本金:1,500万円
企業URL:https://witservice.co.jp/

株式会社ランドデータバンク

特徴

・シンプルかつ最安値レベルの手数料率
・建設会社様、資材・協力会社様の双方が利用可能な、新たなスキーム
・担保、連帯保証、決算書が不要

費用

・建設会社、資材・協力会社、ともに立て替え額の1%の手数料

会社概要

企業名:株式会社ランドデータバンク
代表者:徳永 順二
設立年数:2019年7月
資本金:14億円
企業URL:https://www.ldb.co.jp/

関連記事

株式会社トップ・マネジメント

特徴

・法人だけでなく個人も対応可能(法人相手の売掛金がある場合)
・地方のお客様の成約時交通費キャッシュバック(日本全国対応)
・3か月以上の長期の支払いサイトにも対応

費用

・3社間ファクタリングの場合0.5%〜3.5%
・2社間ファクタリングの場合3.5%〜12.5%

会社概要

企業名:株式会社トップ・マネジメント
代表者:大野  兼司
設立年数:2009年4月
資本金:5,000万円
企業URL:https://top-management.co.jp/

株式会社No.1

特徴

・100万円~利用が可能
・来店不要、全国出張対応可能
・資金改善コンサルタントの配備による長期的な資金サポート

費用

3社間ファクタリングの場合1.0%~5.0%
2社間ファクタリングの場合5.0%~15.0%

会社概要

企業名:株式会社No.1
代表者:浜野 邦彦
設立年数:2016年1月
資本金:1,000万円
企業URL:株式会社No.1

株式会社ビートレーディング

特徴

・注文書ファクタリングが可能
・2.1万社の企業や個人事業主と累計551億円の取引実績
・日本全国対応(2020年1月仙台支店OPEN!)
・最短12時間で資金調達が可能

費用

2社間ファクタリングの場合5.0%~
3社間ファクタリングの場合2.0%~

会社概要

企業名:株式会社ビートレーディング
代表者:佐々木 英世
設立年数:2012年4月
資本金:7,000万円
企業URL:https://betrading.jp/

5社の比較表

社名 方式 手数料 手続き 対応エリア
ウィット 二社間 5.0%〜 オンライン 日本全国
ランドデータバンク 二社間 1.0%〜 オンライン 日本全国
トップ・マネジメント 二社間
三社間
3.5%〜12.5%
0.5%〜3.5%
オンライン 日本全国
No.1 二社間
三社間
5.0%~15.0%
1.0%~5.0%
オンライン 日本全国
ビートレーディング 二社間
三社間
5.0%〜
2.0%〜
オンライン 日本全国

所感

ファクタリングのサービス会社は思っていたよりも多くあり、そこまで大きな違いはないが、長期的なサポート体勢の有無や拠点展開の広さ、審査基準など様々な観点で少しずつ異なっている。

そのため、自社の状況に応じて、どのファクタリングサービスが適切かは変わってくると思うので、HPなどで1社に絞るのではなく、まずは複数社から話を聞くのが良いだろう。

関連記事