知らないとやばい危ない!横浜中華街行ってはいけない店とは?

横浜中華街は、その鮮やかな色彩と活気あふれる雰囲気で知られていますが、その中には訪れるべきでない店も散見されます。

本記事をご覧いただいているのは、きっと質の良い食事体験を求め、無駄な時間やお金を避けたいと考えてのことでしょう。

本記事では、そんなあなたの悩みや疑問に寄り添い、横浜中華街で最高の食事体験を実現するための具体的な答えと結論を提供します。

本記事を読むことで、あなたは時間とお金を有効に活用し、美味しい料理と素晴らしい体験を手に入れていただけましたら幸いです。

横浜中華街で行ってはいけない店とは?その理由は?

横浜中華街で行ってはいけない店とは?その理由は?

日本人の観光スポットとしても有名で人気な横浜中華街ですが、そこには訪れるべきでない店も存在します。では、どの店を避け、なぜ避けるべきなのでしょうか?

本記事では横浜中華街で行ってはいけない店の特徴や理由について解説しながら、避けるべき店をご紹介していきます。

危ない!ボッタクリ店・客引きの頻度が高い店

横浜中華街には、訪れるべきでない「ボッタクリ店」や「客引きが激しい店」が存在します。これらの店は、過度に高い料金設定や強引な客引きが特徴で、訪れると不快な体験につながる可能性が高いです。

実際に以下のような口コミや評判などが挙げられます。

  • 料金の透明性がない: メニューに価格が明記されていない、注文後に驚くほど高額な請求が来るなど。
  • 強引な客引き: 中華街の入口付近で、しつこい客引きを行う店舗があり、これにより訪問者が不快な思いをするケースが多い。
  • サービスの質: 料理の質が価格に見合わない、接客態度が悪いなどの報告もあります。

そのため、横浜中華街を訪れる際には、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  1. 口コミをチェック: 訪問前に口コミサイトを確認し、評価の高い店を選ぶ
  2. 料金の確認: 注文前に料金を確認し、明確でない場合は避ける
  3. 客引きに注意: 強引な客引きをする店は避け、自分で選んだ店を訪れる

このように意識することで、横浜中華街での楽しい食事体験が実現できるでしょう。

口コミ評価が最悪!いつでも混雑せず、人気のない中華街店舗

口コミ評価が最悪!いつでも混雑せず、人気のない中華街店舗

横浜中華街の中には、口コミ評価が極めて低く、常に空いている店舗が存在します。これらの店は、一般的には訪れるべきではないとされる傾向にあります。

評価が低いポイントとしては以下のような観点が挙げられます。

  • 不満足なサービス: 接客態度が悪い、注文が遅れる、言葉の問題など
  • 料理の質: 料理の味や品質が期待以下、価格に見合わないなどの評価
  • 衛生状態: 清潔感がない、衛生的でないとの指摘がある

横浜中華街を訪れる際は、以下の観点を確認すると良いでしょう。

  1. 口コミを重視: 訪問前には必ず口コミを確認し、評価が高い店舗を選ぶ。
  2. 料理の質とサービス: 料理の質とサービスは重要な判断基準。実際の訪問者の意見を参考にする。
  3. 衛生状態: 清潔感のある店舗を選ぶことも重要。

実際に、「華龍飯店」というお店は過去に集団食中毒を起こしており、その時の対応などもあまりよろしくなかったとされて評判が悪く、検索でも「華龍飯店 やばい」というワードが出てくるほどです。

ちなみに、地元人の方は以下のような特徴があるお店には絶対に行かないようです。

・やたらサインや写真がある店
・TVや雑誌に出た店
・呼び込みのいる店
・旅行ガイドやグルメ雑誌のおススメの店

やはり人気店はそこまでプロモーションをせずともリピーターの方や口コミでの広がりで繁盛するはずですので、以上に呼び込みやプロモーションをしている店舗には気をつけたほうが良いでしょう。

横浜中華街で行ってはいけない店を具体的に紹介

  • 華龍飯店(かりゅうはんてん)
  • 華福飯店(かふくはんてん)
  • 金龍飯店(キンリュウハンテン)

上記の店舗は過去に問題を起こしている店舗やお店の口コミがよろしくない店舗ですので、しっかりと情報を確認した上で、良い店舗に行きましょう。

横浜中華街で人気な店舗・良い店舗の見分け方

横浜中華街で人気な店舗・良い店舗の見分け方

ここでは横浜中華街で数多くある店舗の中から良い店舗を見分ける方法、判断基準などをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

「横浜中華街発展会協同組合」非加盟店の識別方法

「横浜中華街発展会協同組合」非加盟店の識別方法
https://www.chinatown.or.jp/hattenkai/

横浜中華街発展会協同組合」に加盟している店舗は、一定の品質基準を満たしており、信頼できると考えられます。

そのため、非加盟店を識別することは、良質な食事体験を求める消費者にとって重要です。加盟している店舗は横浜中華街の公式サイトで確認することができます。

また加盟店では、組合のロゴや認定書が店頭に掲示されていますので、こちらも参考になるかと思います。

まとめると、横浜中華街での食事選びにおいては以下の点に注意しましょう。

  1. 加盟店の識別: 店頭に「横浜中華街発展会協同組合」のロゴや認定書があるか確認します。
  2. 店舗の外観: 加盟店は一般に外観や内装にも気を使っており、清潔感があります。
  3. サービスの質: 加盟店は顧客サービスにも力を入れていることが多く、接客態度が良い傾向にあります。

これらを踏まえ、賢く店舗を選び、横浜中華街での素晴らしい食事体験を楽しみましょう。

「優良推奨プレート」の重要性

「優良推奨プレート」の重要性

横浜中華街で人気のお土産の一つである「甘栗」について、最近、一部の店舗の販売態度について多くのクレームや改善要望が寄せられています。

こうした声を受けて、2012年4月から、高品質な甘栗を安心して購入できるように、横浜中華街では上記のような優良店を示す「優良栗販売店推奨制度」を導入しました。

横浜中華街認定の優良推奨店

優良推奨店MAPというものもありますので、こちらの地図も参考にしていただけたらと思います。

口コミと評判:実際に体験した人々の声

横浜中華街における人気の店舗や質の高い店舗は、実際に訪れた人々の口コミや評判をもとに見分けることができます。例えば、食べログホットペッパーグルメ、ぐるなびなどで確認することができます。

また近年は上記のようなグルメサイト以外でもGoogleの口コミやSNSでの口コミを参考にするユーザーが多くいますので、複数の口コミサイトで確認するのが良いでしょう。

例えば具体的には以下のように、店舗の評価がされています。

  • 「海員閣」というレストランは、食べログの口コミで高評価を得ており、特に「点心」の品質が高く評価されています。
  • 「東園」というレストランは、横浜市の観光客調査で「最も再訪したい店」として名前が挙がっており、その人気の高さが伺えます。
  • 中華菜館は食べログ評価3.5以上で、古き良き中華街の伝統をかたくなに守り続けており、 店頭に吊るされた特製チャーシューや皮付き豚バラ肉等の焼き物はお土産にも最適です。
  • 獅門酒楼は食べログ評価が3.5以上はもちろん、食べログ百名店に2度選ばれて直近は2023年に選出されている名店です。

地元民が本当は教えたくないおすすめのお店動画紹介

横浜中華街の食べ放題店について

横浜中華街の食べ放題店について

ここでは横浜中華街で食べ放題を行っている店舗についての内容をご紹介します。

絶対に満足!美味しくてコスパも良い食べ放題のお店

横浜中華街にある食べ放題のお店は、美味しさとコストパフォーマンスの両面で満足度が高いと評価されています。

基本的に中華街の食べ放題の形式としては、一般的なビュッフェなどでよくある、あらかじめトレーに盛られている食べ放題の形式とは異なっており、オーダー形式のため、注文する度に出来立ての食事がtが楽しめます。

またオーダーした料理はもちろん、店員さんが席まで運んできてくれます。

その他、以下のような観点で横浜中華街の食べ放題を評価している声もあります。

  1. 多様な料理の提供: 横浜中華街の食べ放題のお店では、伝統的な中華料理から現代的なアレンジ料理まで、幅広いメニューが提供されています。これにより、幅広い顧客の味覚に対応しています。
  2. 価格設定の合理性: 多くの食べ放題のお店では、一人当たりの価格が比較的手頃でありながら、高品質な料理を提供しています。これは、コストパフォーマンスが高いという顧客の評価を支えています。

具体的なお店の一例をご紹介します。

  • 「天龍飯店」: この食べ放題のレストランは、広東料理を中心に100種類以上の料理を提供し、顧客からの高い評価を得ています。
  • 「上海軒」: こちらも人気の食べ放題のお店で、特に点心や海鮮料理が人気です。

食べ放題店の絶対に後悔しない選び方

横浜中華街で食べ放題の店を選ぶ際に、後悔しないためのポイントをいくつかご紹介します。これらのポイントを踏まえて選べば、素晴らしい食事体験ができると思います。

  1. 口コミと評価をチェック: オンラインのレビューサイトやソーシャルメディアを活用して、リアルな評価や口コミを確認しましょう。特に、最近のレビューは現在の店の状況を反映しています。
  2. 価格と品質のバランス: 低価格だけでなく、提供される料理の品質も重要です。価格に見合った、あるいはそれ以上の品質を提供しているかを確認しましょう。
  3. メニューの多様性: バラエティ豊かなメニューがある店を選びましょう。特に、横浜中華街ならではの伝統的な中華料理が豊富に揃っている店がおすすめです。
  4. 清潔感と快適な環境: 店内が清潔で、快適な食事環境が整っているかを確認しましょう。食事を楽しむ上で、環境は非常に重要です。
  5. サービスの質: スタッフの対応やサービスの速さも重要な要素です。親切で迅速なサービスを提供している店は、より快適な食事体験を提供してくれます。
  6. 待ち時間の確認: 人気の食べ放題店は特に週末など混雑することが多いので、待ち時間を考慮に入れることも大切です。予約が可能なら事前に予約をするのが良いでしょう。

食べ放題の店に限らない項目もありますが、基本的には上記5つの観点でお店を選べれば満足度の高いお店を選ぶことができるでしょう。

横浜中華街を楽しむためのおすすめプラン

横浜中華街を楽しむためのおすすめプランをご紹介します。このエリアは中華文化と美食の宝庫であり、一日中楽しめる多くの魅力があります。

午前の散策

  • 9:00 – 到着して散歩: 中華街の雰囲気を感じながら、朝の散歩を楽しんでください。この時間は比較的人が少なく、のんびりと街の美しさを堪能できます。
  • 10:00 – 朝食: 有名な点心や小籠包を提供する店で、本格的な中華風朝食を楽しみましょう。

昼間のアクティビティ

  • 11:00 – 観光スポット巡り: 媽祖廟のような歴史的な寺院を訪れたり、中華街の歴史を学ぶことができます。
  • 12:30 – 昼食: 様々な中華料理店から選べます。食べ放題の店や、ラーメン、北京ダックなど特色ある料理を提供するレストランがおすすめです。

午後の楽しみ

  • 14:00 – ショッピング: 中華街には多くのお土産店があります。中国茶、陶磁器、伝統的な衣装など、ユニークな商品が豊富に揃っています。
  • 15:30 – お茶の時間: 中国茶専門店でリラックスした休憩を。点心や中華菓子とともに、さまざまな種類の中国茶を楽しむことができます。

夕方以降の体験

  • 17:00 – 夕食: 中華街は夜になるとさらに賑やかになります。四川料理、広東料理など、さまざまな地域の料理を提供するレストランで、ディナーを楽しみましょう。
  • 19:00 – 夜の散歩: ネオンが灯り始めると、中華街はまた違った雰囲気になります。夜の散策は、昼間とは異なる魅力を感じられるでしょう。

その他のヒント

  • 季節のイベント: 横浜中華街では、中国の伝統的な祭りやイベントが頻繁に開催されます。訪問前にイベントスケジュールをチェックすると、特別な体験ができるかもしれません。
  • 移動手段: 中華街は徒歩で十分に楽しめる範囲ですが、広いので適宜休憩を取ることをお勧めします。

よくある質問|横浜中華街行ってはいけない店やおすすめの店について

中華街に行くなら何駅が便利ですか?

以下2つの駅が、横浜中華街へのアクセスには非常に便利です。どちらの駅も横浜駅から簡単にアクセスできるため、横浜を訪れる際にはぜひ立ち寄ってみてください。

  1. 元町・中華街駅(みなとみらい線):
    • 最も中華街に近い駅です。
    • 中華街の中心部にある「善隣門」(ぜんりんもん)や「中華街大通り」に直結しています。
    • 観光客に特に人気があり、中華街のメインエリアへのアクセスに最適です。
  2. 石川町駅(JR根岸線):
    • 中華街の北側に位置し、徒歩で約5分程度です。
    • 「関帝廟」や「山下公園」に近いため、これらの観光スポットと併せて訪れるのに便利です。
    • 元町商店街も近く、ショッピングや散策にも適しています。

横浜中華街で絶対食べるべきものは?

横浜中華街で絶対に食べるべきものは多岐にわたりますが、特におすすめの料理をいくつか挙げてみます。

  1. 小籠包(ショウロンポウ): 中華街で最も人気のある点心の一つです。肉汁たっぷりの豚肉餡が特徴で、一口噛むと溢れ出る肉汁が絶品です。
  2. 北京ダック: 皮がパリパリとした食感で、薄くスライスされたローストダックを小麦粉のパンケーキで包んで食べます。特製のソースや葱、キュウリと一緒に楽しむのが一般的です。
  3. 点心(ディムサム): 点心は小さな蒸し料理の総称で、様々な種類があります。海老餃子や焼売、春巻きなど、色々な種類を少しずつ楽しむのがおすすめです。
  4. 担々麺: 辛味と香り豊かな胡麻ベースのスープに、細かく挽かれた肉やピーナッツが入った麺料理です。辛さの中にもコクがあるのが特徴です。
  5. 中華菓子: 月餅や杏仁豆腐、エッグタルトなど、中華街には多種多様な中華菓子があります。デザートとして、またはお土産としても人気です。
  6. 中華まん: 豚肉まんやあんまん、菜まんなど、ふっくらと蒸された中華まんも中華街の定番です。歩きながら気軽に食べられるのも魅力の一つです。

これらの料理は、横浜中華街の多様な食文化を代表するものであり、訪れた際にはぜひ味わってみてください。

中華街を歩きながら食べ歩きするには何時間くらいかかりますか?

中華街で食べ歩きを楽しむための所要時間は、どの程度の範囲を歩くか、どれだけの店を訪れるか、そしてどのくらいの時間を各店で過ごすかによって大きく異なります。

一般的に、横浜中華街はそれほど広い範囲ではないため、主要なエリアをゆっくり歩いても1〜2時間あれば一通り見て回ることができます。しかし、食べ歩きを楽しむ場合、以下のポイントを考慮に入れると良いでしょう。

  1. 食事の種類と数: 中華街には多くの食べ歩きに適した食品があります。小籠包、中華まん、点心、中華菓子など、少しずつ多種多様な料理を試すことができます。多くの種類を試したい場合は、それだけ時間が必要になります。
  2. 休憩時間: 中華街は観光地としても魅力的なので、食べ歩き以外にも散策やショッピング、観光スポットの訪問に時間を割くことができます。休憩を挟みながら楽しむ場合、半日程度は見ておくと良いでしょう。
  3. 混雑度: 週末や祝日、特に昼食時や夕食時には人混みが多くなります。混雑時は店の前での待ち時間も考慮に入れる必要があります。
  4. 個人のペース: 食べ歩きのペースは個人によって異なります。のんびりと食べ歩きを楽しむ方は、より多くの時間を見積もる必要があります。

総じて、中華街の食べ歩きを存分に楽しむためには、最低でも2〜3時間は見ておくと良いでしょう。

まとめ|知らないとやばい!横浜中華街行ってはいけない店について

本記事では、横浜中華街の行ってはいけないお店というテーマで前半の内容をお伝えし、後半では逆におすすめのお店や良いお店、人気のお店を選ぶ際の基準やコツのような内容をお伝えしました。

かなりの店舗数がありますので、事前に下調べをした上で、実際に店舗の評判や口コミなどをしっかり確認しながら、周辺観光も含めて良い中華街旅ができるように願っています。

関連:ペヤング獄激辛で死亡事故や後遺症が出る?救急車を呼ぶほどやばい商品を解説

関連:ヘリコプターずっと飛んでる今日は何かある?理由は?(東京・大阪・名古屋・札幌・横浜・千葉)

関連:ビジネスモデルキャンバス テンプレート(無料)・事例・作り方から活用方法まで分かりやすく解説

関連:リーンキャンバス テンプレート(無料)、事例、書き方から活用方法まで分かりやすく解説